インターネットビジネスを展開する上では地震には注意すべき点がいくつかあります。基本的なポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

まず最初はホームページについてです。
インターネットビジネスを展開するのは自社のホームページが最初のポータルとなります。ここでいかにお客様を見つけることができるか、トップページから主要なビジネスのサイトに導いていくことができるかが大きなポイントになってきます。

まずは、わかりやすいトップページの構成と該当するビジネスに対してわかりやすく事例やビジュアルを用いて紹介することができるかを考えることが大事です。

次に、情報管理についてです。個人であれ企業であれお客様の重要な情報をお預かりする以上は私ホームページから申し込んでもらった情報であっても、直接対面で申し込んでもらった情報であってもきちんと管理をする必要があります。

第三者機関にそのレベルを担保してもらうことでこの課題はある程度クリアすることになります。個人情報の管理やルールギメに関してはトップマネジメントで行うべきポイントになりますのでインターネットビジネスを始まる前にまずは体制を整えておくことがお勧めです。

次に働く方々の管理についても非常に重要なポイントになってきます。
柔軟な働き方が求められる以上は、従業員の勤務管理についても明確にルールを決めておく必要があります。特にインターネットビジネスに従事するような人材は細かい時間管理よりも定期的なミーティングによる進捗管理、実績に合わせた報酬をいかに有機的に稼働させるかが明確にルールを決めておく必要があります。

特にインターネットビジネスに従事するような人材は細かい時間管理よりも定期的なミーティングによる進捗管理、実績に合わせた報酬をいかに有機的に稼働させるかが企業としての収益に直結してくると考えられます。

そして、各部門の役割を明確にすることです。
インターネットビジネスといっても人事や経理、財務、広報に関しては役割が大きく変わるものではありません。インターネットビジネスを推進するにあたってあるべき姿をこのような関節部門ときちんと作り上げていくことが本業の円滑な推進にもつながります。

インターネットビジネスそのものは新たなビジネスモデルや事業展開を構築することに集中する必要がありますが、本来の間接部門においては当たり前のことを言うルールを決めて推進することが重要なポイントになります。